公園管理

現在桃プロでは、月2回、第2土曜日と第4日曜日に南部公園と両替町公園の管理活動を行っています。公園への桃の植樹をきっかけに、草刈りなどをしてるうちに、引き受けることになりました。

地域の子どもたちが使う公園だから、地域の我々できれいにしよう。残念なことに、けっこうゴミやたばこの吸い殻が散乱しているんです。毎回の活動はゴミ拾いから始まります。

でも結構楽しいんですよ。

春にはサクラやモモが花開きます。常緑樹のアラカシは春に葉っぱを大量に落とすので落ち葉はきが大変です。しばらくするとハナミズキが花をつけます。夏には芝が栄養が少ない砂地のグランドに、時には砂場の中にまで生育します。秋にはケヤキやトウカエデが美しく紅葉し、大量の落ち葉を落とします。同じ時期、公園はアラカシのどんぐりだらけになります。冬にはカリンの実が美味しそうになりますが、年によってバラツキが大きいのも面白い。花壇のビオラやパンジーは寒さにも強く、冬から5月くらいまで花を咲かせています。

たいへんな草刈りや落ち葉はきも含めて、このように自然と触れ合えるのは楽しいし、顔なじみとのおしゃべりも楽しいものです。中学生から70代のお年寄りまでが、自分のペースで参加されていますよ。

活動の特徴の一つに、公園愛護協力会を組織していることがあります。こうすることで公園の管理者である京都市南部みどり管理事務所との連携がスムーズになり、活動を公に発信できるようになりました。今は2つの公園だけですが、他の地域にも普及していきたいと考えています。